【2021年最新】移住者の「仕事」をサポートしてくれる支援制度の種類と内容

【2021年最新】移住者の「仕事」をサポートしてくれる支援制度の種類と内容 仕事

地方や田舎への移住をきっかけに、新しい仕事にチャレンジしたいという人も多いのではないでしょうか?

その際に、チェックしておきたいのが、各自治体の仕事に関する支援制度です。

仕事の探し方は、求人サイト、ハローワークといった媒体から探すのが一般的ではありますが、ここで見落としてはいけないことが、各自治体で移住者の「仕事」をサポートしてくれる支援制度の存在です。

また、「地方や田舎で起業したい!」という方を応援してくれる支援制度も存在します。

この記事では、移住者の仕事探しをサポートしてくれる支援制度の紹介と活用方法について説明していきます。

それぞれの地域の特色を活かした移住支援が用意されていますので、各自治体の仕事に関する支援制度を理解して、移住に対する不安を少しでも解消しておきましょう。

スポンサーリンク

「仕事」に関する移住支援の種類と内容

「仕事」に関する移住支援の種類と内容

仕事を探すための転職支援

各自治体では、Uターン・Iターン希望者に就業支援をおこなっているケースも多いです。

また、各自治体それぞれで窓口を設けた就業先のマッチングサイトを開設している自治体も多くみられます。

移住先での仕事に不安を感じたら、これらの制度やサイトを活用し、情報収集をおこなってみるのもひとつの手段と言えます。

新しく自分で始めるための起業支援

  • 地方や移住をきっかけに、自分で起業して新しいチャレンジがしたい!

このような方には、各自治体の起業支援を活用してみるのがおすすめです。

各自治体では、移住者の起業を応援する起業支援金制度や、地域の空き店舗の再利用を目的とした支援制度等、地域によって様々な支援が準備されています。

自治体によっては、起業支援金として100万円以上の援助をしてくれる自治体もある為、非常に魅力的な支援制度といえるでしょう。

地方や田舎で起業を目指している方は、これらの支援制度を中心に情報収集をしてみるのがおすすめです。

地域の伝統や特色を活かした支援制度

地方や田舎には、都会では体験できない魅力的な仕事がたくさんあります。

このような、地方や田舎ならではの仕事を希望する移住者に対しての支援制度も各自治体では充実させています。

例えば、伝統工芸品の後継者となる意志を持つ方に奨励金を支給している自治体もあります。

また、地方・田舎ならではの仕事として挙げられることの多い農業・林業・水産業を希望する方向けに支援金を支給してくれる自治体も多く存在します。

地方や田舎ならではの仕事を希望し地域を盛り上げたいという方は、このような支援制度の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

その他の支援制度

その他にも、移住者を応援する魅力的な支援制度はいくつか存在します。

例えば、国から補助金が支給される地方創生推進交付金です。

この制度は、移住者に対しての支援金制度ですが、これまでの対象者は、起業や指定された先への転職が条件として挙げられていました。

しかし、2021年より昨今の情勢を踏まえたうえで、テレワークで仕事を継続したままで移住した人も補助金の対象となるよう条件が緩和されるそうです。

また、東京圏から地方に移住し、就業や起業をする人を対象に支援金を支給するといった、自治体独自の支援制度を設けている地域もあります。

このように、移住者が新しい環境でも仕事面で困ることなく生活できるよう、国や各自治体によって様々な支援制度が整備されているので、移住前に必ず情報収集をしておきましょう。

移住支援制度の情報収集おすすめサイト

全国各地の仕事に関する移住支援5選

全国各地の仕事に関する移住支援5選

秋田県

移住・就業支援事業

東京圏から移住し、秋田県内の企業へ就業された方に、最大200万円の移住支援金を支給

【要件】
移住元:東京23区内在住者又は通勤者(直近10年間で通算5年以上(直前1年間は連続))
移住先:秋田県内の市町村への移住者
移住支援金対象法人の求人に就業した方 等

秋田移住支援金マッチングサイトより参照

長野県諏訪市

諏訪市UIJターン就業・創業移住支援補助金

長野県が開設するマッチングサイトに掲載された市内求人に応募して採用された方には、移住支援金(世帯・単身ともに40万円)を支給

【要件】
東京圏、愛知県又は大阪府に5年以上在住し、かつ、5年以上就業していた方が諏訪市へ移住 等

長野県諏訪市HPより参照

岐阜県郡上市

空き店舗等活用事業補助金

市内の空き店舗等を活用し事業を営もうとする人に対し、改修費(補助対象経費の1/2・上限50万円)の一部を支援

【要件】
市内の空き店舗等を活用して事業を営もうとする個人又は法人その他の団体 等

岐阜県郡上市HPより参照

京都府南丹市

農業次世代人材投資事業

次世代を担う農業者となることを目指す50歳未満の新規就農者に対して、研修期間や経営が安定するまでの間、年額最大150万円の資金を交付

【要件】
準備型・経営開始型によって異なる

京都府南丹市農業ポータルサイトより参照

島根県奥出雲町

U・Iターン保育人材募集

町内の保育施設に就職する方に奨励金(Iターン者50万円・Uターン者25万円)を交付

【要件】
Iターン・Uターン者 等

島根県奥出雲町HPより参照

支援制度を活用する前に

支援制度を活用する前に

移住目的の優先度を明確に

移住者を後押ししてくれる支援制度はたくさん存在します。

この記事では、仕事に関しての移住支援制度を詳しく見てきましたが、その他にも家・住居に関する支援制度や引っ越し費用を補助してくれる支援制度、移住後の生活をサポートしてくれる支援制度等、その制度内容は様々です。

まず、自分自身が何を目的として移住を希望するのか、移住後にどのような生活を求めているのかを明確にすることが重要です。

そのうえで、自分に合った支援制度が何なのかを見定めていきましょう。

移住後の「仕事のカタチ」をイメージしておく

自分自身が、移住後にどのようなスタイルで仕事をしていきたいのかをイメージすることもとても大切なことです。

仕事の「カタチ」は様々です。

自分のやりたいことに挑戦する起業なのか、地方や田舎ならではの農林水産に関わる仕事なのか、それとも、地方の企業に転職希望なのか、スキルを活かしてフリーランスとして働くのか、多種多様な働き方が選べるからこそ移住の選択肢が広がるとも言えるでしょう。

まずは、みなさん自身の仕事の「カタチ」を明確にしたうえで、そのカタチに合った支援制度を情報収集していきましょう。

まとめ

まとめ

地方や田舎へ移住を検討する場合に、一番大切なことは情報収集です。

現在では、移住をサポートしてくれる魅力的な多くの支援制度を国や各自治体が準備してくれています。

しかし、その支援制度の数も膨大にあることから何から調べて良いか迷ってしまうこともあると思います。

そんな時に、考えなければいけないことが「移住目的」です。

  • なぜ移住を検討しているのか
  • 移住して何がしたいのか
  • 移住後の生活イメージはどんなものなのか

これらのことを整理することで、より自分に合った支援制度を見つけることに繋がります。

ぜひ、自分に合った移住支援制度を活用して、理想の移住生活を実現してください。

コメント

ランキング参加サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました